横尾忠則 B7アートノート 5冊セット「聖俗一体」

ビビッときた瞬間を逃さないアイデアを書き留めるミニノート5冊セット
商品詳細
セット内容愛/Metalic Nature/埋没した時間/バーガー・クイーン(レッド)/バーガー・クイーン(ブルー) 各1冊
ノート詳細128×90m/印刷:4C・1C(ケイ線無し/中綴じ)/32ページ

詳しい説明を読む
●愛
母親の愛を示す口づけを左側に大きくモノトーンで配置し、タイトルである「愛」を印象づけています。コラージュの仕方も横尾氏らしく大胆に「ちぎった紙の具合が分かる写真調イラスト」を組み合わせるという方法を採用しています。また、切り取ったであろうハサミもまた一つのアートとして利用するポイントが横尾氏らしくあります。
横尾忠則氏は、幼少期に母親の「ターちゃんは橋の下で拾ってきたんやで」という言葉を信じてしまい、このデザインはそれを甘美な出来事であると認識したという出来事に起因しているのかもしれません。「愛する人のキス」を切り貼りしてなお「愛」というテーマ性を持たせる横尾氏の思想に触れられる作品なのです。

●Metalic Nature
これまた「聖俗一体」をダイレクトに表現しているイラスト。左側のどこか企んでいそうな女性で「俗」を、右側の仏像で「聖」を表しています。カラーリングと目からのメッセージ性のコントラストも美しくあるデザインアートです。タイトルの「Metalic Nature」が示すように、車を逆さにして帽子のようなレイアウトも奇抜かつ芸術的です。また「聖俗」併せ持つ人間と、それを持たない自動車(機械製品)の縦のコントラストも絶妙な作品に仕上がっています。

●埋没した時間
「埋没した時間」というタイトルから分かるように、マリリンモンロー調の人物が腕時計に埋もれているワンシーンのアートミニノートです。横尾忠則氏は「死は終わりではない」というある種の復活の思想を紙面で語ったことがあります。各個人毎に存在している時間、その中で埋没していく存在(時間)があろうとも、それは死ではなく新しい場所への移転なのだというようなメッセージが感じられる作品です。
注目したいのは、中央に埋没しているはずの女性が、時計の背景の各所に垣間見れる点にあります。完全に埋没、死ぬものは無いのだという横尾氏の主張が感じられる逸品です。

●バーガー・クイーン(レッド)
「聖俗一体」の概念がこちらでも表現されています。ハンバーガーと水着の女性が目に入りますが、注目すべきは左下の「ラッキーストライク」のパッケージです。50年代から60年代の冷戦やそれ由来の代理戦争を行っていた時、ラッキーストライクは「ピンナップガール」という綺麗な女性をポスターや看板に利用していました。
つまり、この裸の女性をピンナップガールとしても利用しているのです。聖俗一体を表現しつつ、アメリカのアートの概念も拝借する、実に横尾氏らしい作品だと言えます。

●バーガー・クイーン(ブルー)
特徴的なのはやはり横尾忠則氏が三島由紀夫との出会いによって果たしたインド旅行で得た「聖俗一体」の概念。一見、裸の女性と、世俗的な食べ物の代表と言えるハンバーガーで構成されたアートです。しかし、そこに涅槃像のような神秘性を見出した横尾氏の思想が垣間見える作品です。
注目したいのがイラスト右側にあるスープの缶。これは「キャンベルスープ」であり、ウォーフォールが作成した「大量消費」を礼賛するアートであったりします。これを「俗物的なもの」として配置した横尾氏の思想がダイレクトに感じられるノートです。

横尾忠則 B7アートノート 5冊セット「聖俗一体」

1,285円(内税)

   

この商品は全国送料348円でお送りいたします。1,500円以上のお買い上げで送料無料となります。

在庫あり

購入数

その他の商品はこちら